ビットネーションとは?-グーグルメント

グーグルメント

地理的な制限を受けない統治サービスの集合体

 

1. 目的

境界と呼ばれるラインを独断で引いたヴェストファーレン体制は時代遅れです。これらは一時的に安定をもたらすと考えられましたが、現在では『1つのものを全てに合わせる』という彼らの設計は不安定であることへの直接的な要因となっています。民族国家モデルは、地理的活動に関して、そして統治サービス提供者の選択に関して個人的な選択の自由をほとんど何も与えてくれません。単に同じ地理的地域に住んでいるという美徳によって、彼らの周りの人々と同様のルールやサービスを受けることを、人々は満足しているように思い込まされています。それでも多くの人々は政府なしでは世界を理解することができない上、混沌に陥るとも思っています。そして、大部分の人々は、政府が提供することになっている様々なサービスを望んでいます。

国際取引、コミュニケーション、安価な輸送などのグローバリゼーションのおかげで、世界は驚く程に地理的制限が無くなりました。人々はますますボーダーレスとなり、それは生まれた場所や所在地により定義づけされるという欲求を減少させます。既に、特定の国家と繋がりなく完全に国際的なライフスタイルを送っている人々も存在します。政治的、経済的に自由な海上生活を送るなどのオプトアウトオプションが登場してきています。しかしながらこの方法は地理的な移動を迫られたりと全ての人々にとって望ましいものではなかったり、可能なことではないかもしれません。それゆえ、グーグルメントはフィジカルなオプトアウトオプションの代わりとなる地理的な制限のない集合的な統治サービスをデザインします。いくつかの国際的な保険会社や自国外居住者による企業は似たようなサービスを既に提供しています。

グーグルメントをスタートさせ、このアイディアをポピュラーにし、同様の集合体を作るように様々な人を活気づかせることが目的です。競合を増やし、値段を減少させ、時間とともにいずれは、民族国家の統治サービス提供者が全く的外れなことを行っているというという考えを与えます。

 

2.コンセプトの概要:グーグルメントとアーキペラゴ(群島)

ためでも)ヴァーチャル国家のような統治サービスの集団が挙げられます。例えば、ひとつのグーグルメントはストックホルムに拠点を置き、もし気に入ってもらえたらバンコクのクライアントに請け負い業者を通じて現地で、もしくはオンラインでサービスを提供します。国際的な保険会社のようですが、業務、責務はより広範囲となります。

先導する主義(例えば非侵略主義)、グーグルメントと他のサービスプロバイダーのクラウドインテリジェンス、グーグルメントの共同作用、サポーターによるアーキペラゴ(群島)はグーグルメントの一種のバックボーンであるとイメージされます。例えば、1つの国が破綻したとしてもアーキペラゴはクライアントを助け出し彼らをそれぞれに合った代替案へ導く事が出来ます。グーグルメントのための一種のグーグルメントです。いくつかのアーキペラゴはイデオロギーや宗教的な信条のために出現するでしょう。

 

3. グーグルメント

bitnation banner mountain

グーグルメントの目的:

仲裁、法執行、ヘルスケア、教育、社会保障、会社サービスなど、グーグルメントは実際のコアな統治サービスに焦点を絞る必要があります。共有信念やライフスタイルなどの『コミュニティーサービス』はどちらかと言えば重要ではなくそれらは顧客に対して直接的な価値を与えません。それゆえ『コミュニティーサービス』はグーグルメントの名には値しませんがオプションとしては提供されます。

あるグーグルメントはその組織内でサービスの選択をし続けようとするかもしれませんが、大多数のグーグルメントが大きな度合いでの下請オプションを選ぶほうが好ましいのです。これは質と値段にとって賢い選択となります。従って、グーグルメントの肝となる機能は正確な見極め、運営、そして請負人を集める能力となります。

1. サービスの集合

グーグルメントの最も重要なタスクの1つはサービスの集合です。ある人は自分でPCを組み立てる事を好みますが、私たちのほとんどはパッケージとなったコンセプトを好みます。そう、既に出来上がっているラップトップです。もしあなたの家が火事になってしまい競合する5つの消防業者に電話をかける必要があったらどうでしょう?あなたは即座に全てを解決してくれるたった1つの電話番号を求めているはずです。グーグルメントはパッケージソリューションを提供する必要があり、顧客に対してより簡単に生活してもらう必要があります。

2. 下請による値段の交渉

会社は仕入れを行う際、量により値段の交渉を行い、そして割引がされます。ハンバーガーの材料を1から自分で購入し調理するよりもマクドナルドで購入した方が安上がりです。何故ならば個人で大量購入による割引が行われないからです。同じことが方執行やヘルスケアにも当てはまります。

3. 契約者の管理

あらゆる個人があらゆる契約者の質に応じて知性を得ることはできるが、そのためには膨大な仕事量と研究が必要となります。契約の執行と同様に知性の収集が必要です。グーグルメントはこの点にのみ焦点を絞って働き、それらの面すべてをを促進し、そこに問題があれば向上させます。

4. オプショナル:コミュニティー機能

グーグルメントはコミュニティーのためにどのような経済モデル、信条をも必要とすることが可能です。このオプションは大規模に実現可能のようには見えませんが、オプションとして存在します。それには、経済モデル(社会主義、資本主義)、社会モデル(保守主義、宗教主義、快楽主義)そしてリーガルモデル(シャリーア、非侵略主義、コモンローなど)があります。コミュニティーモデルは顧客のターゲティングを狭めるということにおいてマーケティングの観点で有益だと思われますがグーグルメントの構築に必ずしも必要なものではありません。

グーグルメントのデザイン: 基本的な統治サービスを行っていればグーグルメントはどんな形にでもデザインでき、これがまさしくグーグルメントの定義なのです。現存の管轄と合わさる事も可能です(おそらく、より基金を集めることの助けになるでしょう)、または独自の管轄を作ることも可能です。営利、非営利どちらにもデザイン可能です。民主的、独裁的、進学的など、どのようなタイプの戦略マネジメントもできます。

 

4. アーキペラゴ(群島)

archipelago_1

アーキペラゴの目的:より幅広い集産主義的な範囲に含むことを提供

アーキペラゴはオンラインプラットフォームであり、Facebookの統治のように、人々に『国家』のバックボーンを提供します。グーグルメントは急速な創造的な破壊を前提としています(まさにこれが目的なのです)、しかしアーキペラゴは限られた操作上の資金提供ニーズとより幅広いイデオロギーの範囲のその性質のために、速い変化に対して僅かながらより多くの抵抗があると思われます。

1. 哲学/宗教のモラルコード(例、非侵略主義)

モラルのバックボーンは、哲学、イデオロギー、宗教であるかもしれませんがグーグルメント内の衝突では、多くの人々が賛成するもの、一種の『最終的な評決』を持つものとなります。

2. 民族国家に対してのロビー運動、国際組織

行政の地理的独占によって掲げられる規則に対して、総体的な行動は、総体的なロビー運動によりグーグルメント内部で権限が与えられます。これは初期段階におけるアーキペラゴの最も重要なタスクとなるでしょう。

3. クラウドファンディングの影響:科学、援助、法執行

あるモノは経済や社会の範囲において様々な人から出資されることが最善であったりします。科学(ガン治療、自然災害)、人々への援助(台風による被害、飢饉、洪水など)そして法執行(例えば、コニーが塀を登り子供達をレイプし殺害する場合、戦闘の為の小さな軍隊を必要とします)は規模に応じた大きで作られることが必要です。クラウドファンディングはこのためのツールと、グーグルメント(イデオロギーのコミュニティー)の種類を提供します。

4. グーグルメントのサーポート、そして顧客へのサポート

グーグルメントと顧客へのサポートネットワーク;例えば、ひとつのグーグルメントが破綻してしまった時、アーキペラゴはそれらのピースを広い集め、顧客に対して他の利用可能なグーグルメントをアドバイスし、ひょっとすると他の良い環境へ導く事ができます。アーキペラゴには様々なグーグルメントとその契約者に対するインテリジェンスと評価サービスもあるべきです。

もちろんグーグルメントはアーキペラゴの一部であるべきではありません。しかし、アーキペラゴへ加わることは顧客へ安心感を与え、グールメントに恩恵をもたらすでしょう。分散化の見地と比べ、アーキペラゴはその保証を増加させることで顧客にたいして利益を与えます。

アーキペラゴのデザイン: 最も現実的な方法はそれをウィキペディア、Yelpそして排他的な諜報収集サービスプロバイダの間のクロスオーバーとしてデザインすることです。

 

5. 挑戦

税金を通じて既に多くの人々が政府のサービスプロバイダーに対しお金を支払っています。私たちの主な挑戦は、既に国際的なライフスタイルで生活している人々をターゲットにすることが自然な方法です。そしてそこから広がりを見せて行く事を期待します。最善な収益モデルを確立し、競合がマーケットに参加することによりサービスの質が向上しコスト軽減に繋がります。 人々のより多数のグループのために実行可能なオプションとするのです。

— Susanne Tarkowski Tempelhof

susanne_mem

Trackback from your site.

Erik Vollstädt

Bitnation Lead Ambassador and Community Director. Born 1993, aspiring entrepreneur and champion of voluntary societies & private property ethics. Proponent of counter-economics and competing market currencies, such as cryptocurrencies. Represented Bitnation as Lead Ambassador since 2015 at the Riga Bitcoin and Cryptocurrencies Meetup, the iBGEk basic income stage discussion in Klagenfurt (Austria), the Cointelegraph Blockchain Conference in Helsinki, the Zündfunk Netzkongress in Munich, at itnig for the Barcelona Bitcoin Community during the Mobile World Congress 2017 and at the Bitnation DevCon 2017 in Amsterdam. Author of the Bitnation blog. Media appearances include Shift (Deutsche Welle), Der Fehlende Part (RT Germany) and Zündfunk (BR2). Coordinates Bitnation's ambassador network globally and organizes meetups all over Europe. Graduated in Business Innovation & Technology Management (M.Sc.) in Girona (Catalunya, Spain). Wants to live an international lifestyle.

Leave a comment